東京農業大学・博物館情報学研究室(オホーツクキャンパス/北海道)

学芸員を目指すひとへ

学芸員の資格取得:学芸員の資格取得の方法
教科書と見学館園
博物館や動物園水族館への就職状況
リンク集:オホーツク・北海道・日本・世界の博物館と就職情報
宇仁義和 UNI Yoshikazu 個人ページ:著作と履歴ほか
個人 facebook 個人 twitter 個人 blog

研究室は東京農業大学生物産業学部(オホーツクキャンパス)2号館2階
ロータリー正面の建物の2階で向かって右側(北側)の端です。

3・4年生は「学芸員就職課」(博物館学芸員になりたい人のための情報交換サイト)を見ておこう。
ツイッター「museumnews jp」 のフォローでもOK。

5月18日は「国際博物館の日」

5月18日は国際博物館会議ICOM(イコム)が「国際博物館の日」と定めた記念日です。北海道では花見(連休以降)とよさこいソーラン祭り(6月第2日曜日に向かう水–日)の間にあって、「休日は近くの博物館にでも行ってみよう」という気分になる日です。愛鳥週間(5月10–16日)の直後でもあり、国民的には野外活動や運動の時期ですが、初夏の文化の日という位置付けになるでしょう。
本年2021年のテーマは「The Future of Museums – Recover and Reimagine 博物館の未来:再生と新たな発想」です。 コロナで開催が危ぶますが、博物館では多彩な催しが計画されています。

詳しくは「国際博物館の日」を盛り上げよう!をご覧下さい。各種リンクや過去のテーマなど記しています。



終了しました

農大ロビー展2020「漫画で気付いた北海道の自然と文化」
開催期間:2020年12月9−23日(15日間)無休
観覧時間:10:00–19:00(最終日は正午まで)
会場:小清水ツーリストセンター(浜小清水モンベル2F)
主催:東京農業大学学術情報課程(オホーツクキャンパス)
協賛:小清水町観光協会
会場では学生の支持を集めた「ゴールデンカムイ」「銀の匙」「思い出のマーニー」の3作品のほか、北海道とアイヌを題材に手塚治虫が描いた「シュマリ」、カーリングをテーマにした「南風原カーリングストーンズ」などを紹介。作品に出てくるエゾシカやオオワシなど北海道の生き物の標本や写真、図鑑スライド、人との関係のほか、雪についての地域比較、ばんえい競馬、農業高校出身者の飼育経験なども展示しています。
期間中の入場者は1,575人でした。
問合先 東京農業大学学術情報課程 博物館情報学研究室 0152-48-3857 y3uni@nodai.ac.jp
農大ロビー展2019「網走の漂着物」展示会場の写真はこちらに
これまでの農大ロビー展はこちら

遠隔授業の資料など

学芸員を目指す学生の疑問質問と学校経験

【学生のレポート】
 昨年と今年の学生レポートの一部を公開しています。1年生が最初に受講する博物館概論の1回目のレポート、そして2年生前期の生涯学習概論のレポート1です。リンク先はサイズ200–300KBのpdfが開きます。これは昨年の遠隔授業から始めた出席兼用の簡単な課題のため回答の文字数は少ないのですが、とても興味深い内容です。授業では遠隔も対面でもこの公開ファイルを学生間で共有しました。博物館概論レポート1の質問への回答は昨年は授業用ツイッターで、今年は対面授業で口頭で説明しています。
博物館概論 レポート1博物館と学芸員に関する質問(2020年度)
博物館概論 レポート1博物館と学芸員に関する質問(2021年度)
生涯学習概論 レポート1おかしいと感じた学校の規則や習慣(2020年度)
生涯学習概論 レポート1おかしいと感じた学校の規則や習慣(2021年度)
 1年生のレポートは受講決定前で今年度の授業出席者は100名、水族館希望者が圧倒的に多いため就職率や飼育員と学芸員資格の関係、非正規雇用や低賃金の問題などが多く、一般的な質問では博物館の範囲や学芸員の仕事の範囲、変わったところでは標本士への言及がありました。2年生は小学校から高校までの校則を聞いたもので予想どおり制服や頭髪に関する過剰なまでの規則への反発が伝わります。40年前には無かった「地毛証明」や「ポニーテール規則」には呆れます。校則と部活の規則が矛盾することを鋭く指摘した回答も見られました。

2020年度の遠隔授業の教材と参考資料

宇仁担当分の授業資料を公開しています。博物館資料論および博物館資料保存論は担当外です。
1年 前期:博物館概論/後期:博物館教育論
2年 前期:博物館資料論、生涯学習概論/後期:博物館資料保論、博物館展示論
3年 前期:博物館情報・メディア論、博物館実習/博物館経営論、博物館実習
4年 通年:博物館実習
【博物館概論】2020年度の授業テキスト「博物館概論」
課程年報「博物館と学芸員を目指す」 2008–2020年度の pdf 4.4–18.2MB へのリンク
「ヨーロッパの博物館めぐり」トップページ
【博物館教育論】2020年度の授業テキスト(後半)「博物館教育論」
【生涯学習概論】2020年度の授業テキスト「生涯学習概論」
【博物館展示論】2020年度の授業テキスト「博物館展示論」
【博物館情報メディア論】2020年度の授業テキスト「博物館情報メディア論」
図書館員のコンピュータ基礎講座 CyberLibrarian 個人作成のサイトで情報豊富かつ分かりやすく素晴らしい
「サイトを閉鎖しました」とあるが下方「サイトマップ」から多くのページが閲覧できる
【博物館経営論】2020年度の授業テキスト「博物館経営論」
【博物館実習】
農大ロビー展2020の構想セレクション pdf 1.7 MB
農大ロビー展2020の構想全回答 pdf 11.2 MB
エクセル形式:履歴書のみ
【学術情報課程共通】
レポートの書き方2021
履歴書の書き方2016
博物館と社会的包摂」Museums and Social Inclusion The GLLAM の抄訳 pdf 1.2 MB
【館園実習関連書類】
エクセル形式:実習日誌・履歴書・評価書類・館園実習の心得
pdf形式:実習日誌履歴書評価書類館園実習の心得

課程年報、実習先、就職先、全博協

課程年報「博物館と学芸員を目指す」2008–2020年度のpdfへのリンク
これまでの館園実習の受け入れ
博物館や動物園水族館への就職状況
2009(平成21)年度全国大学博物館学講座協議会(全博協)全国大会の開催報告

博物館や社会教育行政の資料箱

博物館の法と行政

博物館法[現行法](施行日:令和元2019年6月7日) eGov法令検索
社会教育法[現行法](施行日:令和二2020年4月1日) eGov法令検索
教育基本法[現行法](平成二十七2015年8月1日(基準日)現在のデータ) eGov法令検索
日本国憲法(施行日:昭和二十五1947年5月3日) eGov法令検索
現行の博物館法体系 文化審議会第1期博物館部会(第2回) 資料5「博物館に係る法律の俯瞰」へのリンク
1951年公布(施行翌年)当時の博物館法 衆議院ウェブサイト法律第二百八十五号(昭二六・一二・一)
教育基本法[現行法](平成18年12月22日法律第120号) 文部科学省のページ
教育基本法[旧法](昭和22年3月31日法律第25号) 文部科学省のページ
新しい教育基本法について(パンフレット詳細版)  pdf 1.1 MB
「生涯学習振興の経緯等について」 中央教育審議会生涯学習分科会(第56回)配布資料 pdf 366 KB
北海道教育推進計画 pdf 30.3 MB

博物館法改正に向けた資料やリンク

文化庁の博物館に関する審議会の資料 文化庁のサイトに掲載されたファイルをまとめたもの
文化審議会第1期博物館部会(第1−3回)および法制度の在り方に関するワーキンググループ(第1−3回) zip 32.6 MB
文化審議会第2期博物館部会(第1−6回) zip 45.8 MB
文化審議会第2期博物館部会(第7回)の発言の私的メモ rtf 31 KB
ブログ「網走日記帳」から
日本のミュージアムの YouTube チャンネル
今後の博物館制度を考える1博物館法は何が問題か
今後の博物館制度を考える2博物館法の2008年改正とそれに続く省令改正に関する議論
今後の博物館制度を考える3博物館法の2008年改正をめぐる議論
今後の博物館制度を考える4これから議論すべきこと
文化審議会第2期博物館部会(第7回)傍聴メモ(上の「私的メモ」と内容同一
博物館の財政学1「トップランナー方式」と学芸員
博物館の財政学2博物館と地方交付税
博物館の財政学3普通交付税で措置される道府県
「エビデンス」の正体

スタッフ

宇仁義和(うに・よしかず)教授
博士(生物産業学)
e-mail: y3uni@nodai.ac.jp
099-2493 網走市八坂196
東京農業大学生物産業学部
博物館情報学研究室
Tel:0152-48-3857/ Fax:48-2766

【専門分野】
博物館学、科学史・技術史
【現在のテーマ】
地方博物館の運営と学芸員の公共性
日本の毛皮産業の記録の整理→鳥獣と家畜のあいだ—近代日本の毛皮産業と牽引力
【略歴】
1967年京都市生まれ。北海道大学教育学部卒業。元斜里町立知床博物館学芸員。博士(生物産業学)
【所属学会】
全日本博物館学会、「野生生物と社会」学会、日本セトロジー研究会、日本哺乳類学会、北海道民族学会
【担当科目】
博物館概論、博物館教育論(一部)、生涯学習概論、博物館展示論、博物館情報メディア論、博物館経営論、博物館実習

これまでの館園実習の受け入れ
博物館や動物園水族館への就職状況
学芸員の資格取得:学芸員の資格取得の方法
教科書と見学館園:学芸員養成課程の授業案内
リンク集:オホーツク・北海道・日本・世界の博物館と就職情報
宇仁義和 UNI Yoshikazu 個人サイトへ



Copyright (C) 2006-2021 東京農業大学・博物館情報学研究室(オホーツクキャンパス/北海道)y3uni@nodai.ac.jp