Topic

6月活動報告〜天神島磯実習〜

umi01 umi02
今回は6月22日に行った横須賀市天神島での磯実習について報告します。
天候は曇りだったため富士山や江ノ島を見ることはできませんでしたが、過ごしやすい気候の中楽しく調査・観察が出来ました。
今回の調査ではウミウシやマダコ、タツナミガイ、スベスベマンジュウガニなどの生き物を見つけ、観察することが出来ました。
今回の実習では磯の多様性の高さや多くの生き物を観察することができ、貴重な体験となりました。

5月活動報告〜スタディーツアー〜

shika sutu
今回は5月13日〜14日に神奈川県秦野市にて実施したスタディーツアーの報告をします。
1日目には岳ノ台で登山を行いながらフィールドサインの調査、2日目には表丹沢野外活動センターにて竹とんぼの製作及び七沢森林公園でのフィールド活動を行いました。
1日目の探索ではシロマダラやオオルリなどを観察することが出来ました。
2日目には宿泊施設で廃材を再利用した制作活動を行い、その後七沢森林公園に移動して各々フィールドサイン等の調査しました。
幸い2日間とも天気には恵まれ、短い期間ではありましたが有意義な良い時間を過ごせたと思います。

4月活動報告〜ハリネズミ実習〜

ハリネズミ集合 ハリネズミ
4月27-28日にかけて、3年生はハリネズミ夜間調査捕獲実習を伊東市のゴルフ場協力の下実施させていただきました。
あいにくの荒天ではありましたが、3ヶ所のゴルフ場で計4匹を確認できました。 三年生にとって初めてのフィールドワークでありましたが、先生先輩方に手取り足取り教わりながら、今後の調査でも必要となる良い経験 と学びができたと思います。
また、東京工業大学の二階堂先生よりハリネズミの生物学的意義に関して大変興味深い講義をいただきました。二階堂先生のお話から進化や生 態に関して、新たに興味を抱いた学生が増えたと思います。本当にありがとうございました。

2月活動報告〜冬季スタディーツアー〜

足跡 雪上集合写真
2月の24〜25日にかけて、群馬県川場村にあるなかのビレッジにて、冬季スタディーツアーを行いました。
24日は、施設敷地内にて足跡や糞などのフィールドサインを探したり、センサーカメラによる調査を行い、その結果シカやキツネ、テン、クマなどの動物のフィールドサインが確認されたほか、センサーカメラにはイノシシが映るなど、様々な野生動物の存在に触れることができました。
25日は、愛宕山にあるとある貯水池にて、水鳥の観察を行いました。貯水池がほぼ干上がっていたため、あまり多くの種類は観察できませんでしたが、それでもオオバン、カルガモ、カワウなどを観察することが出来ました。
今回のスタディーツアーは、多くの野生動物に触れられたほか、4年生と活動できる最後のイベントであったためとても思い出深い物となりました。この経験をもとに、これからも頑張っていきたいです。

1月活動報告〜卒業論文発表会〜

パワポ 卒論集合写真
あけましておめでとうございます。1月の研究室活動報告です。31日に4年生の先輩方の卒業論文発表会が行われました。3年生は前日から会場の準備に取り掛かり、当日には来年度から本研究室の室員となる2年生を含め大勢の方が会場にお越しになりました。これまでにリハーサルなどは行ってきましたが、やはり本番の雰囲気は引き締まっており、学ぶ事も多かったように感じます。一年後に発表を控える私達3年生にとっては良い経験になりました。

過去ログ

研究室紹介

研究室の詳しい紹介は東京農業大学HPにもあります。ご参照ください。
バイオセラピー学科 分野・研究室・スタッフ
http://nodai.cc-town.net/laboratory/single.php?id=19

平成28年度の教員構成

小川 博 教授, 佐々木 剛 教授,松林 尚志准教授

平成28年度の所属学生

学部3年生:38名, 学部4年生:31名
大学院生(修士課程) :8名
大学院生(博士課程)  :0名

研究

教員の研究

教員の研究主題を紹介します。
教員の研究主題

論文標題

現在までに提出された論文の標題を紹介します。
卒業論文標題 修士論文標題

携帯・モバイル用

携帯・モバイル用

住所

〒243-0034
神奈川県厚木市船子1737
東京農業大学農学部 バイオセラピー学科
野生動物学研究室

メールアドレス

wildlife@nodai.ac.jp

Tel/Fax

小川 博 教授
046-270-6576

佐々木 剛 教授
046-270-6571

                

松林 尚志 准教授
046-270-6575