Topic

お知らせ



野生動物学研究室4年の研究活動が、TBS「新どうぶつ奇想天外!」で紹介されました!

"TOKYO 野生の王国"
東京近郊に生息する生き物たちの行動を追跡! 今回番組では、研究対象の野生動物に発信機を取り付け追跡する東京農業大学の学生たちに金子貴俊が密着! 私たちの身近に暮らす野生動物の知られざる生態を、一緒に現場に張り込みながら解き明かしていきます。
新どうぶつ奇想天外!

5月活動報告〜スタディーツアー〜

suta01 suta02
今月は、スタディーツアーについて報告します。
1日目は多摩川源流大学やその周辺で、動物の痕跡やムササビ観察を行いました。
2日目は天気が悪かったため水生生物調査ではなく、保全センターでの学習を行いました。
3年生と4年生が親睦を深める実習となりました。

4月活動報告〜磯実習〜

iso01 iso02
今月から、研究室に新たに3年生が入室しました。
今回は4月26日に行った横須賀市天神島での磯実習について報告します。
天候は曇りだったため富士山や江ノ島を見ることはできませんでしたが、過ごしやすい気候の中楽しく調査・観察が出来ました。
今回の調査ではウミウシ各種、ヒラカサガイ、ボラ、ムラサキウニなどの生き物を見つけ、観察することが出来ました。
今回の実習では磯の多様性の高さや多くの生き物を観察することができ、貴重な体験となりました。

2月活動報告〜冬期休暇〜

huyu01 huyu02
今月から、2ヶ月間の長期休暇に突入しました。
今回は、2月22日〜23日にかけて行われた雪上調査について報告します。
群馬県川場村で、雪上という普段と異なる環境下で動物の痕跡探しを行いました。
普段見慣れない環境での調査は、とても貴重な経験となりました。

1月活動報告〜卒業論文計画発表会〜



今月は、3年生の卒業論文計画発表が行われました。
各自これから1年かけてデータを集め、論文に取り組んで行きます。
研究室にこれから所属する新3年生も訪れ、興味のある研究活動等に 積極的に質問をしていました。

12月活動報告〜卒業論文発表会〜

sotsuron01 sotsuron02
今月は、卒業論文発表会について報告します。
大学生活の集大成となるということで、重々しい空気の中始まりましたが、
各自長い期間をかけて行った研究の成果を発表でき、清々しく終わることができました。
来年研究室に所属する2年生も聴講に訪れ、真剣に聞いていました。

11月活動報告〜研修旅行〜

kenshuu01 kenshuu02
今月は、11月9日〜10日にかけて行われた研修旅行について報告します。
千葉県のマザー牧場や鴨川シーワールドに訪れ、様々な動物とふれあいました。
鴨川シーワールドでは、一部の学生がシャチによる洗礼を受けていました。
学部4年生は最後の実習となるため、楽しく取り組んでいました。

10月活動報告〜収穫祭〜

shuukaku01 shuukaku02
今月は、10月28日〜30日にかけて行われた収穫祭について報告します。
野生動物学研究室では、3年生が展示部門、4年生が即売店部門に分かれて参加しました。
展示部門では自分たちの活動内容についてパネルで展示を行ったほか、モグラの坑道を再現し、地中での行動を観察しました。
即売店部門では、鹿肉を用いたケバブを販売し、大好評でした。
結果として、展示部門で銅賞を獲得することができました。

平成28年度収穫祭及びOB・OG会のお知らせ

umiushi
@野生動物学研究室は研究発表展示と、模擬店にて鹿肉ケバブの販売を行います。
文化学術展示場所:第一講義棟3階 1306教室

A野生動物学研究室OB・OG会が行なわれます。
 日時 2016年10月29日(土)収穫祭1日目
16:30会場 17:00〜20:00
場所 東京農業大学 厚木キャンパス 研究棟4F 野生動物学研究室
 費用 1.000円
毎年恒例のゆるやかな会です。どうぞお気軽にご参加ください。

9月活動報告〜一年生の実習補助〜

tetsudai01 tetsudai02
今回は9月1日〜7日にかけて行われた実習について報告します。
この実習は1年生の富士実習での野生動物分野として行われる、シャーマントラップの補助を行ないました。
7月に行われた実習での経験を元にアドバイスなどをしている光景も見られました。
今回の実習で野動研に興味を抱いた1年生も大勢いたとのことでした。

8月活動報告〜夏期休暇〜

open01 open02
8月に入り、長期休暇に突入しました。 8月6日・7日にはオープンキャンパスが行われました。
天気にも恵まれ、農大を志望する学生が大勢訪れていました。
野動研では実習内容の紹介としてバッドディクターやラジオテレメトリーなどを実際に行いました。

7月活動報告〜富士農場野外調査実習〜

huzi01 huzi02
今回は7月6日〜9日に行った富士農場での実習について報告します。
実習内容は植生調査、ネズミのコドラート調査、モグラの調テレメトリー調査、括り罠などをがありました。
天気は前半は持ったものの後半になるにつれて悪化していき、BBQも屋根があるところで行ないました。
とても充実した4日間になり、今回の実習で得た経験を今後の調査に活かしていきたいと思います。

6月活動報告〜天神島磯実習〜

umi01 umi02
今回は6月22日に行った横須賀市天神島での磯実習について報告します。
天候は曇りだったため富士山や江ノ島を見ることはできませんでしたが、過ごしやすい気候の中楽しく調査・観察が出来ました。
今回の調査ではウミウシやマダコ、タツナミガイ、スベスベマンジュウガニなどの生き物を見つけ、観察することが出来ました。
今回の実習では磯の多様性の高さや多くの生き物を観察することができ、貴重な体験となりました。

5月活動報告〜スタディーツアー〜

shika sutu
今回は5月13日〜14日に神奈川県秦野市にて実施したスタディーツアーの報告をします。
1日目には岳ノ台で登山を行いながらフィールドサインの調査、2日目には表丹沢野外活動センターにて竹とんぼの製作及び七沢森林公園でのフィールド活動を行いました。
1日目の探索ではシロマダラやオオルリなどを観察することが出来ました。
2日目には宿泊施設で廃材を再利用した制作活動を行い、その後七沢森林公園に移動して各々フィールドサイン等の調査しました。
幸い2日間とも天気には恵まれ、短い期間ではありましたが有意義な良い時間を過ごせたと思います。

4月活動報告〜ハリネズミ実習〜

ハリネズミ集合 ハリネズミ
4月27-28日にかけて、3年生はハリネズミ夜間調査捕獲実習を伊東市のゴルフ場協力の下実施させていただきました。
あいにくの荒天ではありましたが、3ヶ所のゴルフ場で計4匹を確認できました。 三年生にとって初めてのフィールドワークでありましたが、先生先輩方に手取り足取り教わりながら、今後の調査でも必要となる良い経験 と学びができたと思います。
また、東京工業大学の二階堂先生よりハリネズミの生物学的意義に関して大変興味深い講義をいただきました。二階堂先生のお話から進化や生 態に関して、新たに興味を抱いた学生が増えたと思います。本当にありがとうございました。

2月活動報告〜冬季スタディーツアー〜

足跡 雪上集合写真
2月の24〜25日にかけて、群馬県川場村にあるなかのビレッジにて、冬季スタディーツアーを行いました。
24日は、施設敷地内にて足跡や糞などのフィールドサインを探したり、センサーカメラによる調査を行い、その結果シカやキツネ、テン、クマなどの動物のフィールドサインが確認されたほか、センサーカメラにはイノシシが映るなど、様々な野生動物の存在に触れることができました。
25日は、愛宕山にあるとある貯水池にて、水鳥の観察を行いました。貯水池がほぼ干上がっていたため、あまり多くの種類は観察できませんでしたが、それでもオオバン、カルガモ、カワウなどを観察することが出来ました。
今回のスタディーツアーは、多くの野生動物に触れられたほか、4年生と活動できる最後のイベントであったためとても思い出深い物となりました。この経験をもとに、これからも頑張っていきたいです。

1月活動報告〜卒業論文発表会〜

パワポ 卒論集合写真
あけましておめでとうございます。1月の研究室活動報告です。31日に4年生の先輩方の卒業論文発表会が行われました。3年生は前日から会場の準備に取り掛かり、当日には来年度から本研究室の室員となる2年生を含め大勢の方が会場にお越しになりました。これまでにリハーサルなどは行ってきましたが、やはり本番の雰囲気は引き締まっており、学ぶ事も多かったように感じます。一年後に発表を控える私達3年生にとっては良い経験になりました。

過去ログ

研究室紹介

研究室の詳しい紹介は東京農業大学HPにもあります。ご参照ください。
バイオセラピー学科 分野・研究室・スタッフ
http://nodai.cc-town.net/laboratory/single.php?id=19

平成29年度の教員構成

小川 博 教授, 佐々木 剛 教授,松林 尚志 教授,和久 大介 助教

平成29年度の所属学生

学部3年生:33名, 学部4年生:39名
大学院生(修士課程) :11名
大学院生(博士課程)  :0名

研究

教員の研究

教員の研究主題を紹介します。
教員の研究主題

論文標題

現在までに提出された論文の標題を紹介します。
卒業論文標題 修士論文標題

住所

〒243-0034
神奈川県厚木市船子1737
東京農業大学農学部 バイオセラピー学科
野生動物学研究室

メールアドレス

wildlife@nodai.ac.jp

Tel/Fax

小川 博 教授
046-270-6576

                

佐々木 剛 教授
046-270-6571

                

松林 尚志 教授
046-270-6575

                

和久 大介 助教