ISRFG 2018

16th International Symposium on Rice Functional Genomics
第16回イネの機能ゲノミクスに関する国際シンポジウム

2018年9月5日(水) - 7日(金)
東京農業大学 世田谷キャンパス
Japanese / English
  • サカタのタネ
  • 株式会社ミツハシ
  • 大嶋農場
  • 公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団
  • NBRPイネ
  • 東京農業大学
ISRFG 2018

第16回イネ機能ゲノミクスシンポジウム参加者の皆様 第16回イネ機能ゲノミクスシンポジウムは、9月5日(月)-9月7日(金)の3日間東京世田谷区の東京農業大学で開催されました。参加者は314名、そのうち192名が我が国以外の16ヵ国からの参加でした。口頭演題は82題、ポスター発表は134題であり、世界中の研究者によるイネゲノミクスの最先端の成果が披露されました。私が印象的だったのは参加された95名の学生の皆さんの素晴らしい内容の研究発表と、世界の研究者と積極的に議論しようとする姿勢でした。この16年でイネのサイエンスは大きな進歩を遂げ、基礎生物学と応用科学を結びつける成果も現れてきました。一方世界的な気候変動、人口増大によって、食料不足がより深刻化する可能性が高まりました。簡単な解決策はありませんが、基礎科学からのアプローチによって解決可能な問題はたくさんありま す。このシンポジウムがそのような問題に対する取り組みを後押しできたらと思っています。 最後になりましたが、本シンポジウム開催にご尽力された国際及び国内の組織委員会、共催、後援組織の皆様、スポンサー各位、そして大会スタッフの皆様、そして何よりも本シンポウムに参加頂いた皆様に厚く御礼を申し上げます。

「第16回イネの機能ゲノミクスに関する国際シンポジウム」国内組織委員長

松本 隆

お知らせ

Best Posters Awards

The International Committee awards the “Best Posters Prize” for excellent posters presented by students or graduate students to promote next generation rice scientists.

Early Notice for isrfg2019

2019 International Symposium on Rice Functional Genomics (17th ISRFG)
Venue: Academia Sinica, Taipei, Taiwan Date: November 4-6(Mon- Wed),2019
このページの先頭に戻る