日本色覚差別撤廃の会 本文へジャンプ
事業を営む方へ

・職場における色覚異常について正しい認識を持って下さい。

雇入時健康診断の色覚検査は廃止されました。採用選考のために,画一的に健康診断を実施することは,応募者の適性と能力を判断する上で関係のない個人情報を得ることになり,結果的に就職差別につながるおそれがあります。

・雇入時の健康診断は,労働者を雇入れた際における適正配置,入職後の健康管理に資するためにおこなわれなければなりません。

・安全確保のため職場の表示・標識を工夫しましょう。

厚生労働省作成のパンフレットをご覧下さい。
 CMT
「色のなかま」テストの図版

 会について
 色覚ABC
 色覚異常Q&A
 CMS Letter
 資料
 リンク
 問合せ先