日本色覚差別撤廃の会 本文へジャンプ
日本色覚差別撤廃の会のホームページです

 一般多数の人たちと色の見え方が違う者は,日本では男性の約4.5%,女性の0.2%,合わせておよそ320万人にものぼります。
 多くは、赤と緑の間で一部見分けにくい色があるものの,日常生活の上ではさほど支障のないケースがほとんどです。
 色覚に異常のある者は「色盲」や「色弱」とも呼ばれていましたので,世間では「色が見えない」「信号の色が区別できない」などの誤解や憶測が広く定着しています。このため,就くことのできない職業,取得することのできない資格,受験することのできない大学もあります。
 色覚異常とされた人達の能力が正当に評価され,差別のない社会をつくってゆきましょう。

「制度的色覚検査の撤廃を求める宣言」を作成しました
情報を募っています
学校における一斉色覚検査の再開に反対する声明
「色覚検査のすすめ!」は独断に基づく問題ポスター!
「色のなかま」テスト
 CMT
「色のなかま」テストの図版

最新ニュース
・消防庁が9月14日付けで出した通知と、それに対する日本色覚差別撤廃の会の要請文を掲載します。(2018年10月15日)消防庁の通知はここをクリック 撤廃の会の要請文はここをクリック
・消防庁が全消防本部に実施した色覚関係の調査の結果と今後の対応について、大西健介衆議院議員より受け取った消防庁の9月付メモ(大西健介衆議院議員を通じて会が入手)とそれに対する日本色覚差別撤廃の会の見解を掲載します。(2018年9月30日)消防庁のメモはここをクリック 撤廃の会の見解はここをクリック
・8月20日に郵送した日本眼科医会への内容証明付きの通知文に対して、日本眼科医会から回答が送られてきました。それに対する日本色覚差別撤廃の会の見解を掲載します。(2018年9月23日)日本眼科医会からの回答書はここをクリック 撤廃の会の見解はここをクリック
・日本眼科医会へ、「色覚検査のすすめ!」のポスターを回収するよう内容証明の通知文を郵送しました。(2018年8月20日)ここをクリック
・6月15日づけでまとめた『消防職員採用時の色覚検査に関する声明』を掲載します。(2018年7月5日)ここをクリック
・6月21日札幌地裁は、北海道立高校の授業において教諭よりなされた色覚差別発言について、原告生徒への慰謝料の支払いを北海道に命じる判決を言い渡しました。差別発言に対して、会の見解を発表します。(2018年6月29日)ここをクリック
・鉄道従業員採用上の色覚基準の改正等について、国土交通省に要請文を提出しました。(2018年4月3日)ここをクリック
・日本眼科医会のポスター「色覚検査のすすめ!」を病院内から撤去するよう内容証明で東京女子医科大学に通知しました。(2018年2月15日)ここをクリック
・「制度的色覚検査の撤廃を求める宣言」を作成しました。(2017年11月24日)ここをクリック
・CMS Letter No.54を掲載しました。(2017年11月24日)
・朝日新聞(10月28日)の「私の視点」欄に,荒会長の寄稿文「偏見生む検査復活 『色覚は多様』の精神を」が掲載されました(会報54号に掲載予定)(2017年11月11日)
・色覚に関する遺伝学用語の改訂について文部科学省に要請をしました。(2017年11月8日)ここをクリック
・10月28日放送の「世界一受けたい授業」の内容について,放送倫理・番組向上機構(BPO)に抗議と要請をしました。(2017年11月8日)ここをクリック
・10月28日放送の「世界一受けたい授業」の内容について日本テレビに抗議しました。(2017年11月2日)ここをクリック
・CMS Letter No.53を掲載しました。(2017年7月14日)
・2017年3月29日放送の「ニュース23」における色覚問題の取り扱いについてTBSテレビに送った文書を掲載しました。(2017年7月14日)ここをクリック
・会長挨拶を掲載しました。(2017年7月13日)ここをクリック
・資料に『はじめて色覚にであう本』を追加しました。(2017年7月13日)
・平成29年度総会が開催されました。新役員を掲載しました。(2017年6月26日)
・色覚検査・色覚差別をテーマとした小論、荒副会長の「反転する学校色覚検査 〜 色覚をめぐる社会的バリアと温床」が、月刊『部落解放』6月号に掲載されました。(2017年5月26日)
・平成29年総会案内を掲載しました。(2017年4月4日)ここをクリック
・CMS Letter No.52を掲載しました。(2017年4月4日)
・昨年改訂したリーフレットを掲載しました。(2017年4月4日)ここをクリック
・(公益社団法人)全国人権教育研究協議会が文部科学省・厚生労働省へ毎年行っている要請行動の中に、昨年は色覚検査も盛り込まれていました。同会の広報誌<であい>NO655・656号(2016年10・11月)に掲載された報告と要請文を転載します。(2017年3月1日)ここをクリック
・東京新聞2017年2月12日朝刊特報面に「色覚検査復活の動き 『差別助長』と当事者」が掲載されました。21日には同じ内容の記事が中日新聞にも掲載されました。(2017年2月27日)ここをクリック
・CMS Letter No.51を掲載しました。(2017年1月31日)
・「色覚ABC U 色覚の差異と暮らし 4 就職における注意点は」を修正しました。(2016年11月16日)
・「色覚異常Q&A Q16 色覚異常では消防士や警察官になれませんか。」への回答を修正しました。(2016年11月4日)
・「情報を募っています」を掲載しました。(2016年9月1日)ここをクリック
・色覚関連事件についてのテレビ報道に意見を述べました。(2016年8月18日)ここをクリック
・CMS Letter No.50を掲載しました。(2016年7月26日)
・平成28年総会案内を掲載しました。(2016年4月1日)ここをクリック
・CMS Letter No.49を掲載しました。(2016年3月22日)
・「学校における一斉色覚検査の再開に反対する声明」を掲載しました。(2016年3月3日)ここをクリック
・日本眼科学会と日本眼科医会に抗議文を送りました。(2016年1月26日)ここをクリック
・CMS Letter No.47およびNo.48を掲載しました。(2015年12月22日)
・「「色覚検査のすすめ!」は独断に基づく問題ポスター!」と「会員アンケートの結果」を修正しました。(2015年12月22日)
・「「色覚検査のすすめ!」は独断に基づいています」を「「色覚検査のすすめ!」は独断に基づく問題ポスター!」に改め、会の見解を加えました。(2015年12月16日)ここをクリック
・中村かおる氏への公開質問状への再信を掲載しました。(2015年12月16日)ここをクリック
・会員アンケートの結果を掲載しました。(2015年12月16日)ここをクリック
・中村かおる氏への公開質問状を掲載しました。(2015年12月12日)ここをクリック
・「日本眼科医会への抗議と要求」を掲載しました。(2015年12月12日)ここをクリック
・「障害者差別解消法」に基づく指針等について、関係省庁へ意見を送付しました。(2015年12月12日)厚生労働省への意見(10月14日送付)はここをクリック。国土交通省への意見(10月21日)はここをクリック
・第66回指定都市学校保健協議会ランチョンセミナーで鈴木聡志会員が行った講演を掲載しました。(2015年12月4日)ここをクリック
・「「色覚検査のすすめ!」は独断に基づいています」を掲載しました。(2015年12月4日)
・日本眼科医会への質問状を掲載しました。(2015年8月7日)ここをクリック
・週刊文春編集部への抗議文を掲載しました。(2015年8月7日)ここをクリック
・平成27年総会案内を掲載しました。(2015年3月18日)ここをクリック
・CMS Letter No.46を掲載しました。(2015年3月18日)
・リンクに色覚ナビを掲載しました。(2015年3月18日)
・「緊急養護教諭のみなさまへ」を「【緊急メッセージ】養護教諭のみなさんへ」に改正しました。(2014年12月18日))
・CMS Letter No.45を掲載しました。(2014年12月18日)
・「【緊急】養護教諭のみなさまへ」を作成しました。(2014年11月7日)
・色覚問題の入門のために「色覚ABC」を作成しました。(2014年9月12日)
・CMS Letter No.44を掲載しました。(2014年9月12日)
・「色覚異常Q&A」の一部を修正しました。(2014年9月12日)
・平成26年度総会案内を掲載しました。(2014年3月24日)ここをクリック
・CMS Letter No43.を掲載しました。(2014年3月24日)
・「事業を営む方へ」を修正し,東京都産業労働局が作成した『採用と人権』から色覚検査の廃止の部分を読めるようにしました。(2014年2月3日)
・1月24日の日本経済新聞社会面記事「「色覚で問題」知らず困惑」に,井上清三会長の意見が紹介されました。(2014年2月3日)
・1月21日の中日新聞生活面記事「医人伝」に高柳泰世先生が取り上げられ,先生の色覚差別撤廃,色のバリアフリー,中途失明者と弱視者の支援の活動が紹介されました。(2014年2月3日)
・会員の皆様へ。CMS Letter No.42の訂正。4ページの記事「文科省を訪問しました」冒頭の段落の「10月30日」は「10月31日」の誤りです。ホームページには訂正して掲載しております。(2013年12月6日)
・CMS Letter No.42を掲載しました。(2013年12月6日)
・11月12日の東京新聞生活面記事「色覚検査受けられます」に,鈴木聡志事務局長の意見が紹介されました。(2013年12月6日)
・9月27日の朝日新聞「声」欄に,井上清三会長の「色覚異常で就職制限 見直しを」が掲載されました。10月8日の朝日新聞生活面記事「学校での色覚検査,必要?」に,佐藤伸直副会長の意見が紹介されました。(2013年10月11日)
・CMS Letter No.41を掲載しました。(2013年8月1日)
・改選された役員を掲載しました。(2013年8月1日)
・2013年6月2日に第20回総会が開催されました。
・CMS Letter No.40を掲載しました。(2013年3月29日)
・平成25年度総会案内を掲載しました。(2013年3月8日)ここをクリック
・色覚問題を考える交流会が4月14日(日)にふくやま市民交流館で開催されます。
 詳しくはここをクリック。(2013年3月8日)
・CMS Letter No.39 を掲載しました。(2012年12月24日)
・CMS Letter No.38 を掲載しました。(2012年8月1日)
・「会について」にリーフレットを追加しました。リンク先に日本白墨工業株式会社を追加しました。資料に「学校の色覚検査をめぐる諸問題の総括」を追加しました。(2012年6月4日)
・2012年5月27日に第19回総会が開催されました。
・この3月に都市交流プランニングによる新型信号機に関する調査にご協力いただいた会員の皆様へ。
 ご協力ありがとうございました。謝礼をお送りしますので,電子メール,手紙等で事務局までご連絡下さい。(2012年5月1日)
・平成24年度総会案内を掲載しました。(2012年3月23日)ここをクリック
・CMS Letter No.37 を掲載しました。(2012年3月21日)
・ホームページがリニューアルされました。(2012年3月8日)
 会について
 色覚ABC
 色覚異常Q&A
 CMS Letter
 資料
 リンク
 問合せ先